下伊那自動車株式会社

沿革


年月 沿革内容・・・
昭和 2年10月 丸光自動車の称号により貨物自動車運送事業を創業する。
昭和16年10月 第一次戦時統合により丸光自動車他17社が統合し、飯西自動車有限会社を設立する。
昭和17年10月 第二次戦時統合により7社が統合し、下伊那自動車株式会社を設立。
飯田〜名古屋間、飯田〜東京間及び長野県南信地区の主要路線の一般貨物自動車運送事業並びに長野県一円を事業区域とする一般区域貨物自動車運送事業を開始。(監第2728号)
資本金:800万円
昭和27年 2月 戦時統合解除により5社が分離独立し、新たな下伊那自動車株式会社として、飯田〜名古屋間の路線事業及び長野県一円の区域事業を経営。(自貨第1256号の4確認)
昭和47年 7月 資本金:2,000万円とする。
昭和62年 4月 一般路線貨物自動車運送事業を譲渡(貨陸第77号)
一般区域貨物自動車運送事業を飯田・小諸・上田・松本・東京の5拠点にて経営。
資本金:5,000万円とする。
熊谷和久が代表取締役社長に就任する。
平成 5年 6月 長野営業所を新設。
平成 9年 7月 松本営業所を臨空工業団地へ移転。
平成27年 1月 熊谷真希が代表取締役社長に就任する。

現在に至る。